ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

夏にモノトーンを着て、冬にカラフルな服を着たい

こんにちは、あんみつです。

だんだん暖かくなってきて、冬物をしまいたいな〜と考えています。

ブログを始めて、その時々できているお洋服のことを書いたりしているので、
以前よりも過去にどういうものを気に入ってきていたかを覚えています。

こういうのを覚えておくと、衣替えの時どんな服を買い足そうかな〜と
考える時の参考になります。

暖かくなって風景の色合いも明るい色味になってきたからか、
モノトーンのお洋服を着たくなってきました。

モノトーンとカラフル

暑い季節にモノトーンを着たい

一昨年の夏は黒のトップスしか着ていませんでした。

ストライプのシャツ・麻のニット・VネックのTシャツ、どれも好んできていました。

夏に黒い服を着ていると「暑そう」という印象がありますが、そんなに外に長時間いないので変わりませんでした。

夏のお洋服は生地が薄いので、淡い色だと透けるのが気になったり、
なんとなく、ふにゃっとしているように感じていました。

黒なら生地が薄くても透けにくいですし、きちっと感が他の色より出ている気がします。

赤や青の、他の濃い色も夏に似合いますが、
ハッキリした色合いは、夏なら風景でどこからでも視界に入ります。

夏の楽しい〜!はっちゃけ〜!という雰囲気からクールダウンしたいという意味合いで
夏に黒を好んでいたような気がします。

 

寒い季節にカラフルなお洋服を着たい

寒い季節は反対に明るい色のお洋服が着たいと思うようになりました。

以前ネイビーのコートを持っていたのですが、
見る人によっては黒い!と思うくらい濃い色で、
暗いところだと紛れてしまっていました。

冬は日が暮れるのが早く、暗い時間が多いです。

風景もどこか色合いにかけて、何をするにもやる気が出ないこともありました。

なので今年はコートをベージュ色にし、白や赤などの明るく色味のあるものを着てみました。

ネイビーのコートを着ていた時よりも闇夜に紛れずに済んだと思います。

 

色から与えられる影響は自分が思っているより大きかった

思った以上に色に影響されていたんだな〜と改めて思いました!

その季節ごとの自分と、その時自分がどういう気持ちでいたいかを考えて、
季節と色とお洋服と上手に付き合えていけたらいいですね。