ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

断捨離+ミニマリスト(最小限)な考え方は相性抜群!


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


f:id:an_3_2:20170704204519j:image

f:id:an_3_2:20170704143829j:image

こんばんは、あんみつです。

以前のわたしは、モノが多くてぐちゃぐちゃなお部屋に住んでいました。

 

断捨離が流行ると本を読んで「わたしも断捨離しよ!」と奮起して断捨離祭りを開催し、1日で不要なモノを詰め込み、たくさんのゴミ袋を処分したりしていました。

 

しかし一時はお部屋もキレイになるのですが、少し経つとまたモノが溢れかえったお部屋に戻ってしまうのでした。

 

 

なんにもない部屋は長年培われた美的感覚に衝撃的だった

 そんな風に断捨離→リバウンドを何度か繰り返すわたし。

ああわたしにはキレイなお部屋を維持し続ける能力がないんだな…。とできない自分に落ち込む日々でした。

 

そんな時に見つけたのです。『ミニマリスト』というものを…。

 

初めてミニマリストのお部屋を見たときは衝撃でした。
「なんもねえ!!」って。

 

え、えー、なんもないやん。
こんななくてもいいのか…。

 

常にモノで溢れかえってる部屋に住んでいたわたしにはない感覚でした。

 

ときめく気持ちだけでは減らすのに限界がある

 こんまりさんの著書『人生がときめく片付けの魔法』には『ときめくかどうか』が捨てのポイントだと書いてあります。

しかしその通りにやると、モノを減らすのに限界があります。

当時のわたしは、モノに対しての' 好きの範囲’ が広すぎました。

ここにあるモノたちは好きだからあるものばかりだと思い込んでいました。

だから大量に断捨離しても収納以上のモノが手元に残っていたのです。

 

必要最小限を追及する!

ときめくものたちをたくさん持ち過ぎていたわたしは、ミニマリストブログを読んで『最小限』を意識してもう一度モノの選別をしてみました。

「うーん。確かに好きだけど、最小限かといわれるとそうでもない…」と思うものがたくさん出てきました。

 

選別しているうちに「一般的に必要って言われてるから買ったけど、意外となくても大丈夫なものは結構あるな〜」ということに気づきました。

 

『必要かも?』の時ではなく、『必要だ!』と自分で判断した時に買うのが大事ですね。

 

最小限に絞ったら、お部屋に余白ができたよ~!

『最小限かと考えるとそうでないもの』

『使いこなしたかったけど使いこなせなかったもの』

『なくても大丈夫かもと思う家電』

などなど、手放すのに色々と迷い、自分と向き合いながら持ち物を厳選。

 

そうしたら今までなかった、『お部屋の余白』ができました~

 

持ち物が少ないから、片付け能力も高くなくてもそこそこな状態がキープできるようになりました。

 

休みを1日費やして、家事に充てることもなくなりました!

 

ずっとずっと『できない』って思ってたのでとっても嬉しいです!

『できない』のではなく『やり方が合ってなかった』だけでした。

 

『ときめくもの』だけなはずなのにお部屋が爆発してしまってる方は、一度『最小限』を意識してみることをおすすめします!

 

スッキリしたお部屋もめっちゃときめくよ〜〜♬