ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

断捨離して変わったこと~メンタル編~


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


f:id:an_3_2:20170705213353j:image

おはようございます、あんみつです。

リバウンドしない断捨離をした後、結構色々と変化がありました!

▶︎断捨離+ミニマリスト(最小限)な考え方は相性抜群! - ずぼらーだからミニマリスト!

 

今回は断捨離を経て起こった、メンタルの変化を書いていきます。

 

今すぐ必要なモノだけ買うようになった

f:id:an_3_2:20170706034908j:image

 買い物をする時、なるべく安く・お得にを重視していました。
なのでいつも『大容量!』とか書かれた大きいサイズばかりを購入。

しかし期限切れや、途中で飽きてしまったりして最後まで使い切れないこともしばしば…。

最後まで使えず捨ててしまうなら、通常サイズや小さいサイズのほうを買ったほうが毛局お得だよねえ。

大容量だとストックしている間、場所も取りますしね。

というわけで一見お得に見える『大容量』に惑わされず、必要な量を、必要なタイミングで手に入れるようにしています。

 

自分基準で判断するようになった

f:id:an_3_2:20170706034918j:image

それまでも、自分基準で考えて、モノを選んで、手にしていると思っていました。

しかし一人暮らしを始める時は、雑誌に書いてあった『一人暮らし絶対必要なモノ○選!』みたいな記事を鵜呑みにして、一人暮らしの部屋に暮らす前から準備していました。

 

しかしいざ一人暮らしを始めた時、『あれ?これ、いる?』と思ったものもいくつか…。

 

『一般的に言われているから、わたしも絶対当てはまる』と思い込んでいました。

 

今は必要なモノは必要な時だけ。

 

人間関係においても、誘われても行きたくなかったら行かないようになりました。

 

相当ぶっ飛んでることでない限り、『一般的にはこうしといたほうがいいんだろな』より、『わたしはこれが必要・これがいる』と主語が『わたし』になってることを優先するようになりました。

 

 

 

叱られた時、必要以上に落ち込まなくなった

f:id:an_3_2:20170706034931j:image

叱られたらすぐにしょげる・豆腐のようにもろいメンタルでした。

叱られるとわたしの全てが否定されているんだと思っていました。

 

最近はちゃんと『指摘を受けたとこがあかんかったんだな〜』と受け止められるようになりました。

 

 断捨離のおかげで、ほんのすこーし、心に余裕が出てきたのだと思います。

 

昔のイヤなことを思い出しすことがなくなった

f:id:an_3_2:20170706034942j:image

これが!いちばん!嬉しい効果でした!!

 

汚部屋時代のわたしは、今よりもくよくよしてる時間が長かったり、突発的に昔のイヤなことや恥ずかしいことを思い出して『ギャーーー!!』となっていました。

 

それがスッキリお部屋になってからくよくよする時間も、イヤなことを思い出すことも劇的減りました!

 

 モノと記憶は繋がっていて、それを見るたびにそのことを思い出してしまう、ということもあります。

だから別れた元恋人を早く吹っ切れたくて、付き合ってる間の思い出の品を一気に処分したり…。

 

わたしの場合、思い出して「ギャーーー!!」ってなる、イヤな記憶はほとんどが学生時代のことでした。

特定のモノがというより、散らかってる部屋自体が記憶のトリガーだったように思えます。

実家も汚部屋だったので。

 

やっぱり部屋は自分の心を映す鏡ですね。

 

 

 おわりに

 やっぱり長時間いるお家の環境が変わると、劇的にではないのですが、心にも変化がありました。

わたしは断捨離がきっかけで変わることができました。

断捨離って停滞を感じる時、モヤモヤしている時、自分を変えたいなと思った時、思い立ったらすぐ始められます。

 

わたしのように、上記のことで悩んでる方がいらっしゃったら、ぜひ試しに断捨離してお部屋を変化させてみることをおすすめします!