ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

【心の筋トレ3】助けなきゃという使命感


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


助けなきゃ

心の奥底にあるしこり(家族のこと)をほじくりかえしています、あんみつです。

心の筋トレ カテゴリーの記事一覧 - ずぼらーだからミニマリスト!

 

助けなきゃという使命感

母子家庭で、子ども二人養わなきゃいけない母をみて『お母さん大変だな、助けないとな』と強く感じていました。

洗濯はわたしの担当でした。

母は諸事情で何日か家をあけなきゃいけないこともあり、そういう時はご飯も作っていました。

 

うちはお金がない

母はよく「お金がない」と口にしていました。そのため「無駄遣いはよくない!」と思い買い物行くときは『安さ』基準で物を選んでいました。

服を買ってくれる時も、外食するときもなるべく安いものを…と探していました。

 

気づいてほしかったんだな~

反対に弟は全く気にせずにすきなものを選んでいました。

『お母さんがお金ないって言ってるのに!なんで自分は高いの選ぶんだろう』『お母さんもなんで弟には甘いんだろう』と内心不満でいっぱいでした。

しかし今になって思えば「安いもの選んでね」と母に言われたわけでもなく、勝手にわたしが『節約しなきゃ、安いもの選ばなきゃ!』と思ってただけなんですよね。「わたしばっか我慢してる!」って思ってたけど違った。空回りしてた。


でもね~できればお母さんにわたしが気張ってること気づいてほしかったです。

こちらの記事↓を見て思いました。

chizuu.hatenadiary.jp

 

わたしのだいすきな育児ブログです。

「育児ブログすきだよね~」って友人に言われました。前より読むの減りましたがすきです、育児ブログ。

かわいい~成長したね~っていう親戚のおばちゃんごっこを楽しみつつ、
昔のさみしい思いをしてたわたしを癒してもらっているところがあります。

 

昔の習慣を変えてみた

大人になってひとり暮らししてからも日用品などは『安いやつ』を手に取ってました。習慣が染みついてました。
ふと「わたしなんでこれ選んだろう」と思い、でも本当はもっとかわいいパッケージのがいいんだよねって考えがちらつきました。
一度洗剤類をパッケージ重視で選んでみました。確かに前買ってたやつより高いけど、パッケージがかわいいと使うたびに「かわいい!」ってときめきます。

 

こんな風にいっこいっこ紐といってって、昔の自分の絡まってるがんばりを、自分で気づいて「今はかわいいの選んでいいんだよ~」って言ってあげてます。