ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

【心の筋トレ5】してたからする、されたからしない


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


昨日続きです。
【心の筋トレ4】いやだったこと - ずぼらーだからミニマリスト!

f:id:an_3_2:20170606064724j:image

ずっと誰かに言ってほしかったことを、自分で自分に言ってみました。

 

お母さんも高校時代アルバイトしてたようです。学費を自分で払って通っていたそう!えらい!!

わたしは学費も払ってもらってたし、お母さんから見たらきっと『苦労してない』『バイトして当たり前』『だってわたしもそうだった』って思われてたでしょう。

わたしにもお金を家に入れることを期待してたんだと思います。

 

でも周りに学費を家に入れてる子はあまりいなかったので、わたしはバイト代を自分で貯めていました。大学に行くかもしれんからその時使おう~と漠然と考えていた気がします。

 

もしわたしが子ども産んだら同じことを要求しちゃうのかな

もし将来わたしに子どもができたら同じことを繰り返すのかと思うとゾッとしました。

楽しい思い出ももちろんたくさんあるけど、正直振り返ると『あれはきつかった』『正直ない…』と自分的に思うこともあるので、親から子に繰り返してしまうものなら可哀想で絶対子ども産みたくないな~と思っていました。

 

するかもしれないし、しないかもしれない

でもわたしは一応「これいややった。だからせんとこ」って思えてるし、そこなら気をつけれるんじゃ…、と希望的観測をしてみたり。

お母さんだって、『わたしは親にこうされたからあんたにもしてやる!!』って考えてたわけではないと思いますし。

でもどんな親子だってなんの問題もない!ってことないんですよね。

家にお金入れなさい!っていうのは回避できても、また別のことで傷つけたり、衝突することは絶対あるもんね。

 

前向きに子どもほしい!とは今も思えませんが、今のわたしの落としどころはここでした。