ずぼらーだからミニマリスト!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

【食事編】ひとり暮らしからふたり暮らしへの変化

こんにちは、あんみつです。

ひとり暮らしからふたり暮らしをしてご飯に関してけっこう変わったな〜と思ったので、変化を書いていきます!

 

お米を良く買う

まとめ買いができる!

ある程度量のあるものが消費できるので購入できます。

ひとりだと多く買ってしまうと使えず腐らしてしまったり、上手く食べきることが難しかったです。

 

最初ふたり暮らし始めた時にあまりの食材の減りにびっくりしました。

以前は玄米2キロを月1買うか買わないかだったんですが、今は5キロが1ヶ月持つか持たないかって感じです。

ちゃんと食べたらこんなスピードで減るんだなあと買う量がわからなかったです。

 

ひとりよりふたりの方が安い

ひとりの時は「作るのめんどくさいな〜」と思ったらすぐコンビニや外食に頼っていました。

でもふたりになると「作らなきゃ…!」という義務感少しがうまれ自炊率がアップしました!てってれー。

自炊率が上がるとやっぱり食費が抑えることができて、ひとりの時よりひとり分が安くなっています。

自炊してても「これ美味しそうだから試してみよ〜」とかいってひとりの時よりちょっといいもの食べてる気がします。

 

いっしょに食べると食べる量が増えた〜

めんどくさいからいいや〜ということが少なくなり、しっかり食事を取るようになってしまい、体重が増えました。

なのにあっちは減ってるんです…!

お互い以前の食事量の中間の量を落としどころとして食べている感じです。

このままだとわたしの体重が心配なので、最近は夕食のお米をサラダに置き換えています。

 

こんな感じで変化しました〜

向こうは割と大食いなので、引っ張られず自分の量をちゃんと見極めないとな〜と思いました。