ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

ふたり暮らしも気づけば一年経過。


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


f:id:an_3_2:20161005221119p:plain

ふたり暮らしも気づけば一年以上経っていました。は、早い…。

ふたり暮らしをして数ヶ月経ったころにも記事を書きましたが、1年経つとまた色々思ったのでふり返ろうと思います。

ひとり暮らしからふたり暮らしの変化 - ずぼらーだからミニマリスト!

 

人の目があるとちゃんとする

ひとり暮らしの頃よりも人の目があるからか、ちゃんとするようになりました。

ひとりの時は服を脱ぎっぱなしにしたり、疲れていると家事をさぼって溜め込むことも多かったですが、「あ、あっちはあれが必要か…」と思って実行できるきっかけになり、洗濯も前よりちゃんとする回数が多くなりました。

またいがぐりが家事してくれてると「してもらってるのにダラダラしてたらあかんな」と思い動くように。

ある程度人の目があったほうがいいなと思いました。

 

業務スーパーのお徳用サイズがちゃんと食べきれる!

ひとりでは量が多すぎて、飽きたり傷んだりして食べ切ることができなかった業務スーパーの商品が、ふたりなら食べきれるので色んな商品を試すことができるようになりました!うれしいです!

 

おすすめ品があったらその都度この記事に追記していますね。

業務スーパーおすすめ商品 - ずぼらーだからミニマリスト!

 

色々シェア出来て経済的!

生活費はキレイに半分こしています。

光熱費も少し上がりましたが半分こで払えばひとりで払ってた時よりも安いですし、ネットなんて同じように使ってても半額!!こう考えるとひとり暮らしはコストが高くなりますね。

またモノもシェアしています。いがぐりが購入した電動ハブラシなど。
シェアできると経済的だし、自分が興味ないものでも身近な人が使っていると関心が湧いていいですね。

 

部屋が狭い!収納が少ない!

1年経って、衣替えや季節によって必要な物を考えるとやっぱり今住んでるお部屋はひとり暮らし用のお部屋だわ!いくら物の量を減らしたからといってふたり分は収まらないことがわかりました。

 

 

ひとり暮らししている間はひとりが楽で楽しすぎたのと、家事をちゃんとやらないずぼらーのため、「人と住むとかもうわたしには無理かな」と諦めていたのですが、いがぐりとは一年以上いっしょに住めました!

いっしょに住んでいけるということはわかったので、安心してふたり暮らし用のお部屋に引っ越ししようと思います。