ずぼらーだからミニマリスト!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

「結婚さえできればいい」わたしもそう思っていました

あんみつの婚活 読書

スポンサーリンク


はろー!あんみつです。

あたいももうアラサーというくくりに入っているので、このお年頃はやっぱり意識するのですよ。

そう、結婚という二文字を。

というわけでこんな本を読みました。

 この本はどんな本?

「30歳までにぜったい結婚したい! しないと! 」と思って 駆け込み三十路婚をした著者。
しかし結婚後の生活は想像していたものとちがう…。
ただ結婚しただけじゃダメなんだ…。自分がどういう生活を送りたいかよく考えないと…。

結婚→離婚→事実婚を経験した著者による「結婚とは何か」を考える自意識コミックエッセイ。

わたしも30歳までに結婚したい!と思っていました。

女性は出産を意識したり、外からの情報を目にすると『30歳』『結婚』という言葉はセットで出てくるので、自分でちゃんと考えてなくても漠然と「30歳で結婚したい〜」と指標にしやすいというか。その時期の女にはこう…なにか…いろいろ…あるんだよ…。

 

 この本を読んでの感想と、わたしの結婚に対する今の気持ちを書いていきます。

 

30歳までに結婚したい!

わたしの話を少し。

2X歳、ひとり暮らし。
地元を離れて、会社以外の人とつながりもなく、身近に頼れる人がいませんでした。

彼氏も長いこといませんでしたが趣味に没頭し、楽しく過ごしていました。

しかしふとこのままでいいのかな…?と不安やさみしさが押し寄せてくるようになりました。

だいすきなアイドルのDVDを見ていても、もやもやした気持ちのほうが勝るようになり、心から趣味を楽しめませんでした。

「彼氏作って結婚したらこの不安から解放されるはず!」と思い、婚活をはじめました。

 

紆余曲折あったりなかったりで現在お付き合いしている人がいます。

ひとり暮らしを数年して「人と一緒に生活できるのか…?」と不安に思っていましたが、思い切って一緒に暮らしてみたら1年一緒に住むことができました。

ひとり暮らしからふたり暮らしの変化 - ずぼらーだからミニマリスト!

ハードルをひとつひとつ超えて、次は結婚かしら?と思いました。

でもそこで疑問が生まれました。

 

送りたい生活と、結婚という制度

結婚して名字変わるのいやだ。

結婚するとなると、名字が変わります。夫婦どちらかの姓ということで、奥さんの姓を旦那さんが名乗るケースもあると思いますが、大多数は女性の名字が変わります。

「正直、名字変わるの嫌だなあ」って思いました。

下の名前はそのままですが、大人になると圧倒的に名字で呼ばれることが多いです。

ひとり暮らしのわたしは1年で名前で呼ばれることより名字で呼ばれることがほとんどです。

そうすると、もう名字も立派な名前なんだよ〜〜!!!あと字面とか色々と気に入ってるんだよ〜〜!!っていう気持ちが思いの外強いことに気づきました。

名義変更の手続きとか面倒に思ってしまうし、絶対「なんでわたしだけこんな手間かかるはめに!キー!!」となるのが目に見えます。

お互い働いているし、働かないと生活できないので「扶養控除」とかも受けられませんしね。

f:id:an_3_2:20161203224451p:imagef:id:an_3_2:20161203220341p:image

 て、手続きめんどくさ…。

 「結婚式~ハネムーン~キラキラきゃー」と思える人間ではないので考えれば考えるほど「手間が増えるだけじゃない?」「今のところ子供がほしいわけでもないし、結婚しなくてもいいかも」という考えになりました。

 

結婚したかったんじゃなくて、助け合える相方がほしかった

パーティ組もうぜ!

わたしが結婚したかった理由は「これから先の人生を共に歩むパートナーがほしかった」からです。

友人もいない土地でひとり暮らしで風邪ひいて「もう死ぬ…」とか無駄に気弱になったり、ヘロヘロになりながら自分で薬やおかゆやポカリを買いに行ったりせず、風邪ひいたら雑炊作ってもらったりポカリ買ってきてくれたりしてもらってその風邪がうつったら今度はあたいが冷えピタ買ってきてあげてーみたいなね。助け合いですよ。そういうのがしたかったのですよ。

 

以前結婚している知人が「付き合って一通り恋人同士のイベントを経験して、別れることが多かったけど、ひとりの人と長く付き合えるようになりたくて結婚を意識した」と話していました。

そう!わたしは「恋の駆け引き~」「ときめき~」とかそういう恋愛においての浮き沈みの変化とか一切なく、縁側で茶をすすりながら日向ぼっこするような安心した関係を求めていたのです!!

『すき→付き合う』だけより『結婚』と先に伝えておいたほうが「長く付き合えるパートナーがほしいのよ~」という気持ちが相手にハッキリ伝わるかな?また自分に対しても「最終目標はこれよ!」と暗示できていました。(婚活始めたとき、ピンとこないけど悪くない人とも仲良くしていて横道に逸れる傾向があったので)(無駄にエネルギーだけ使っていた気がする)

なんなら結婚というルールで相手を逃げらんなくしようぜって魂胆もあったのかな?それは自分も逃げづらい状況なんだけどね。

でも今は法的措置をとらなくても不便なく生活できているし、結婚してやりたいことと思い描いていた以上にお互いが日々家事を分担したり、頼ったり頼られたり面倒見たり見られたり2人3脚でやっていけてて満足しています。

ひとと一緒に暮らす上でのデメリットばかり想像していましたが、いいこともたくさんで毎日楽しいです。

結婚やそれに準ずるものは、周りに流されず、自分たちのタイミングでできたらいいなと思います。

 

「結婚さえできれば不安は消えて幸せになる」とふわっふわ思っていたものは、「結婚しなくても毎日助け合って生活していけてる」ことでひとりでいた時の不安やもやもやはなくなりました。

まあ未来は何が起こるかわからないのでサクッと結婚したり、もしかしたらとんでもない性格の不一致が発覚してさよならするかもしれないしわかりませんが。それはそれで。

 

結婚のことを知っておくのってだいじ

この本の著者は結婚→離婚→事実婚を経験されています。

法律婚とか事実婚とかよくわかっていなかったのですが、法律婚でできることはだいたい事実婚でもできるそうです。そうなんだ。

結婚=法律婚の図式が当然のようにありましたがちょっとこれを機にちゃんと勉強せねばと思いました。

 

 

最後にちょっと本の感想

本当は別のところにある問題を「結婚してないのが原因だ!結婚したら幸せになれる!」と考えることから逃げたり、

また植え付けられた価値観と自分の希望(あと自分のキャパ)の違いを考えていかなあかんなと勉強になりました。

 

『結婚後の仕事への影響』だったり『家事について』など結婚のリアルが盛りだくさんなので読み応えもばっちりです。

面白い婚活本はいろいろありますが、結婚のこと真剣に考えられる1冊ではないかと思います。かわいい絵柄なんですがぐさぐさくるよ。