ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

【呼吸】吸うより吐ききるのを意識してみよう


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


先日ブログやツイッターで交流のある方達とお会いしました。

その時の会話から、昔呼吸が浅かったことが悩みだったのを思い出しました。

f:id:an_3_2:20160210144813j:plain

呼吸が浅いというか、集中してると息が止まっていたり、息を吸おうとしても深くできない感じでした。

今思えばハービーさんのいう緊張状態と同じだな〜。

肩上がって「こういう状態」っていうのすごいわかりやすかった。

ハービーさんのブログ▶太陽の塔ツンデレ - はびより

 

吸うより吐くことを意識してみた 

自分は呼吸がへただな〜と思い、呼吸の本とか読んで、書いてあることを実践してみました。

でもいまいちピンとこないというか、意識しないとできていませんでした。

呼吸は大事だから、無意識でもちゃんとできるように、カラダが納得する呼吸ができないかな〜と

個人的に効いたかな?って思ったのは息を吐き出すことを意識することでした。

 

ちはやふるっていう競技かるたのマンガがあるんですが、そこで主人公が思いっきり息を吐くシーンがあります。

今まで吸うことばかり考えていたので目から鱗でした!

確かに吐ききったら吸うしかないな!っていう感じで吐ききったら「これだ!」ってなりました。

 

息を吐くことで緊張状態がとける気がする

息をを吸うと肩が上がって、息を吐く時 肩が下がりますよね。

わたしは、息は吐いてるときの方がカラダがリラックスしている状態な気がします。

でも息を吐いているとよく「ため息してんな!」って言われてました。

f:id:an_3_2:20160210144715j:plain

あくびしてても深呼吸って言い張ってたけど。

 

カラダのゆるめ方を知っている方がいい

こんな風に呼吸で悩んでることすら忘れていましたが、カラダの緊張をほぐす方法は知っていた方がいいですね。

昔は無駄な疲れもいっぱい感じていたな〜と振り返って思いました。


あとすみれさんが、「お産の時大変やから、カラダのゆるめ方知ってる方がいい!」と言っていて、なるほど!と思いました。

すみれさんのブログにもため息のこと書いてありました。

辛い時は無理して笑わなくていい。 - すみれの壺

 

肩が上がってるな〜と思ったら取りあえず息を吐いてみてください〜

 


 

呼吸の本

呼吸の本

 
仕事・人間関係がうまくいく呼吸の教科書

仕事・人間関係がうまくいく呼吸の教科書

 
ちはやふる(30) (BE LOVE KC)

ちはやふる(30) (BE LOVE KC)