ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

【ミニマリスト日和】ちょっとずつミニマリストへ【読書】

 だいすきなブログ【ミニマリスト日和】が書籍化されたので購入しました。

とっても可愛いクリスマスプレゼントです。

ミニマリスト日和かわいい

ミニマリスト日和

ほぼ日記手帳に描かれた絵日記と文章で綴られています。

とても可愛らしくさらっと読めるブログが、B6サイズくらいのコンパクトな本になりました!

手に取ってまとめてじっくり読めるのがとても嬉しいです。

 

おふみさんが【ミニマリストを目指していく過程】【ファッション】【美容】【ライフスタイル】で構成されています。

 日々のミニマルな暮らしのヒントがたくさんつまっています。

気軽なミニマリストになろう

おふみさんは旦那さんとそろってミニマリストです。

巻末にご夫婦の対談が載っています。

ミニマリストというと、極端にものを減らしているイメージがあるし、自分たちとは違う人種のように思われるかもしれません。

でも、ぼくたちみたいにパッと見て普通とそんなに変わらない、気軽なミニマリストが広がってもいいと思います。

今でも充分にものを減らしたメリットは感じますし、少しずつ身軽になっていくことって、特別なことでもないと思います。

 確かに他の書籍に載っていたおふみさんたちのお家は、他のミニマリストと比べて普通のお家のようだと思っていました。

 

ミニマリストのお部屋って空間に余白があって、がらーんとしているイメージが強いです。

いいな〜と思う反面「あそこまで減らせないから自分にはミニマリスト無理そう」という抵抗感もありました。

でもおふみさんたちのお家は空間もあるけど、普通のお家とそんなに変わらないかも?という印象を受けました。

 

私もものを減らしてよかったと思うことがたくさんあります。

 

かしこまらず、ストイックにならず、気軽な気持ちで【ミニマリスト】のメリットをいいとこどりしていきたいし、そんな雰囲気が広がればいいな〜。

 

【ものが少ない】ことよりも【居心地の良い量】にもっと目を向けてもらえるようになれる一冊だと思います。

  

ミニマリスト日和

ミニマリスト日和