ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

書いてすっきり!モーニングページで脳のモヤモヤを排出しよう!


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


 モーニングページ 

モーニングページとは?

『ずっとやりたかったことを、やりなさい』という本にあるメソッドの一つです。

やり方は、朝起きてノートに3ページ分余白を埋める。何を書いてもいいのです。
目的は『脳の中のお掃除』。

 

わたしのやり方

無印裏うつりしないダブルリングノート

・無印のA5ノートに書いている

無印の『裏うつりしにくいダブルリングノート』を使っています。

デザインがシンプル。税込100円で、ファミマでも購入できます。

モーニングページは消費がはやいので、手に取りやすいノートを選びました。

 

・太いペンで書いてる

最初は「3ページも書けないよ~」と思い、「作文をひらがなで嵩増しする小学生」のような感じでやっていました。

さらさら~と書けるところとか、また読み返すときチマチマした字よりもはっきりとした字のほうが見やすいな~と思ったので結果オーライです!

 

・雑な偏愛マップみたいな書き方

 わたしの偏愛マップはこんな感じです。

▶︎偏愛マップを書いて、すきの棚卸しをしよう! - ずぼらーだからミニマリスト!

 

どんな効果があった?

 最初はなに書いたらいいのかわからなくて「ねむい」「トイレ行きたい」とかばっか書いていました。本当にその時思ってること。でもそういう小さいことだけじゃ3ページ埋まらなくて…。あとその時に興味があることを。

そうすると「毎日似たようなこと考えてるんだな~」今日も昨日もおとといも同じようなこと書いたな。そっかわたしはこれに興味があるんだなって教えてくれます。

 

その後、ここからある線を越えるというか、まだ言葉になってない考えや感情をノートに書くために向き合って出力しくように絞り出していきます。

 

考えを脳に留めていると、得体のしれないモヤモヤしたものでいるけど、ノートに書く=言語化することによって輪郭が見えたり正体がはっきりする。

そうすることで漠然と「こわい・つらい・いやだ」と思ってたものも、「わたしはこれがいやなんだ!」「じゃあどうしよう?」と解決に向けて考えたり、折り合いのつけ方を決めたり、「よくよく考えたら大したことないじゃーん!」と悩みや不安がなくなったり。

そういうのがクリアになった、スッキリするってことなんだな。

 

自分あったやり方にカスタマイズ!

モーニングページっていうかネタ帳になってる

使っている無印のノートですが、モーニングページのほかに、家計簿用だったり、自由帳だったり数冊持って使い分けていました。

しかしモーニングページ書くぞ!って時に「あ、これ違うノートだ!」って出鼻をくじかれるとやる気なくすので、今はいっしょくたにしています。

 

モーニングページだけど夜に書いたり

モーニングページは朝に書くことを薦められています。

朝起きたときは1日の始まりなので自分の思考に素直になれるのです。

夜だと起こったことなどの振り返りを書いていまうそうなんですが、朝にうまく時間が作れないのでわたしは空いてる時間に書いてます。

その時思ったことを書くように意識しています。

 

ルールはこうだから!と縛られ過ぎず、ある程度自分なりにカスタマイズして、続けられるようにしています。

 

こんな人におすすめ!

  •  なんかもやもやしてる人
  • もっと自分を知りたい人

 

こちらの本にはもっといろいろなワークがあるので、色々試してみたいと思います~