ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

堺アルフォンス・ミュシャ館へ行ってきました!

f:id:an_3_2:20160827220920p:plain

ずっと気になっていた堺アルフォンス・ミュシャ館に行ってきました!

室内なので夏の日差しを回避できるし、平日でゆったりと観ることができました。

 

アルフォンス・ミュシャって?

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は現在のチェコ共和国で生まれ、パリの舞台女優サラ・ベルナールのポスターを制作して一躍有名になりました。

女性の絵や花や星、装飾品など華やかな作品が多いです。ミュシャは男性です。

f:id:an_3_2:20160827221722j:plain

 

 

 

大阪府堺市にあるミュシャ館

f:id:an_3_2:20160827221805j:plain

仕事で海外に行くたびにミュシャの作品を集めていた土居君雄氏が30年に渡って収集した、アルフォンス・ミュシャの貴重な作品を展示しています。土居氏の死後、土居夫妻が新婚時代を過ごした堺市に寄付され堺にミュシャ館があります。

ポスターや油彩画などの絵から宝飾品や工芸など様々な作品が展示されています。

ポスターの印象が大きかったので、大きい鏡や立体の展示もあって幅広く作品を作られていることを初めて知りました。

f:id:an_3_2:20160827221830j:plain

 

保有されているすべての作品が展示されているわけではなく、1年で3回テーマで分けて展示されているそうです。3回行かないとすべてを見れないんですね!またいこ!

 

個人で収集して美術館になるってすごいですね…。

 

こうやって時代を経ても楽しむことができるのはありがたいです。

 

わたしの美術館の巡り方

以前は美術館などに行くと作品一つ一つじっくり見ていました。そうするとすごく気力を使うというか、結構疲れて前半しっかり見たけど後半は集中力が持たずにさら〜っと見ることになることが多かったです。

 

最近はさら〜っと一周して、気になったものをもう一度見に行ってじっくり見ています。美術品の見方も正解不正解がないように、自分のすきなように見て楽しむのがいちばんだと思えました。

 

この絵本でこんな風に見たら楽しいな〜と思いました。

こどもと絵で話そう ミッフィーとフェルメールさん

こどもと絵で話そう ミッフィーとフェルメールさん

  • 作者: 菊地敦己,国井美果
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2012/06/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 831回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

JR阪和線「堺市」駅下車徒歩約3分と交通アクセスもよく行きやすいです。

夏はゆったり美術鑑賞もいいですね〜