ずぼらーだからミニマリスト!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

積んでる参考書は手放した方がいいよ


スポンサーリンク


f:id:an_3_2:20160302153652j:plain

こんにちは、あんみつです。

みなさんは持ってるだけの、いつか勉強しようと思っている参考書ありませんか?

大人になっても勉強は必要だけど、使わなきゃ宝の持ち腐れ

わたしは以前会社でとあるソフトを使って仕事をしていました。

もっと効率よくできるよう、勉強しようと会社に入ったばかりの頃に本を買いました。

1冊2〜3000円ほどする、分厚い本を数冊持っていました。

しかし買って満足したり、日々の業務が忙しく中々読めず、本よりもインターネットから情報を得ることが多くなり、気付けば買ってから数年が経っていました。

本棚を整理する度、マンガや小説などは簡単に手放せるのに、参考書は「時間ができれば勉強するから!」と手元に置いていました。

ちゃんと読んで練習しないと、持っているだけでは意味がありませんよね。

 

出来ない自分を認めて、手放そう

ずっと持っていた理由のひとつに、出来ない自分から目を背けていた点があったと思います。

 

しかし、こういうソフトはバージョンアップもしていきます。サイクルがとっても早いです。いつかやる時がきても、その時になったら新しいものが出ていて、持っている本の情報が古くなっていることが多いです。

 

積読してしまったのは「できなかった、残念!」と手放して、いつかが来た時に最新情報の参考書を買いましょう。

 

手始めに基礎だけ手元に残して、応用は手放してみませんか?

 

全部マスターしなくていい

この本に書いてあること全部マスターしてない!っていうもったいないと思う気持ちもありました。参考書安くないしね。

 

でも全部ではなくても、少しでもその本から身につけられた技術があったら手放していいかな?と思うことにしました。

 

そもそも機能が多すぎて、全部勉強しても使う機会がなかったら意味ないです!

必要なとこだけ取捨選択するのも大切ですね。

 

最近の参考書との付き合い方

最近は紙の本ではなく電子書籍ばかり購入しています。

通勤時にもスマホでサッと読めるし、次開いた時にどこまで読んだかすぐわかるので、続きがどこか探す手間がなくなりました。

手軽にすぐ手に取れるものの方が、目を通しやすいので読む習慣がつきやすくなりました!

 

正直、長年電子書籍を食わず嫌いしていましたが、自分で触ってみてめちゃめちゃハマってます。

紙の本にこだわらず、自分の勉強スタイルによってツールも変えたらいいですね。

 

www.an32.jp