ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

性格悪い方が幸せになれるよ。『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


おはようございます、あんみつです!

西原理恵子さんの『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』という本を読みました~

西原理恵子さんは漫画家ですが、こちらは文章の本です。

 

 

 

性格悪い方が幸せになれるよ。

特に印象に残ったのはここ。

女の子はみんな親にこう言われる 。

「優しくていい子になってね 」

優しくていい子ほど 、自分のことは後回し 、人に幸せを譲る 。

譲られた人はどう思うか ?

感謝なんかしない 、得したと思う 。

そして次からそれは当然になる 。

「自分さえ我慢すれば 」は間違い 。

まず自分がちゃんと幸せにならなくってどうする 。

自分をちゃんと大切にできるって 、女の子にとってすごく大事なこと 。

 

自分をちゃんと大切にするのって、=性格悪いことだとは思わないんですが、自分は我慢して、人を優先していると、自分がやりたいようにやるのは『わがまま』『相手がやってほしいようにしない=性格悪い』って思ってしまうのかな。

 

わたしも『本当はこっちがいいけど、安いからこっちにする』みたいなよくわからない我慢をしていて、そういう考えが染みつくと今度は自分がいいと思っているものがわからなくなりました。

www.an32.jp

 

 

そういう意味では 「あたし 、イケてる 」 「自分 、上等 」っていうのは 、ダメな男についていかないための魔除けのおふだみたいなもの 。

 

ダメ男についていかない魔除け!たしかに!

男だけでなく、上司とかいっしょにいる人とかにも当てはまると思う。

『上の立場だからこの人が言うならそうなんだろう』って100%思うのはよくないね。

 

わたしの職場の女の子。

 f:id:an_3_2:20170819044033j:image

「かわいいだろ~」って自分に自信がある子はかわいい。(仲いいからこんな風に言ってきたことも含めてかわいい)

こういうのが『ダメ男についていかない魔除け』を持ってる子なんだな~

 

 

 女の子こそ 、生きていくための戦略を立ててください

 

 

マンガと文章で印象が違う

『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』と、『毎日かあさん』というマンガを読みました。

同じエピソードが登場するのですが、マンガと文章でまた違った印象を受けました。

文章はどこか切なさを感じます。

 

この本はまるっと一冊、西原さんから娘さんに宛てた、お手紙のような本でした。