ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

ときめきの種類


スポンサーリンク

おすすめ人気記事ピックアップ


f:id:an_3_2:20170823061200j:imagef:id:an_3_2:20170823061202j:image

おはようございます、あんみつです。

 

 わたしはオタクです。

マンガ・アニメ、女性アイドルがだいすきです。

 

日々オタク生活と仕事のふたつで埋め尽くしたら、あっという間に彼氏いない歴5年になっていました。

 

 

 

彼氏ができてよかったこと

彼氏ができてよかったことは『あ!わたし彼氏5年もいない!』ってふと我にかえることがなくなったことです。

 

アイドルのライブ動画見てノリノリなとこに、ハッとその思考がよぎってました。

 

『わたしはもっと心から趣味を楽しみたいのに…』『悩んでモヤモヤしてる時間がもったいない…!』『婚活しよう!相手ができてもできなくても行動したら納得して、スッキリと趣味に打ち込める…!』

こんな動機で婚活を始めました。

 

 

 

ときめきの種類

「今の人はいっしょにいるのすごくラクなんですー」というと、「ときめきはあるの!?」って聞かれます。

 

ときめき…。

そもそもアイドルやアニメのキャラにキャーキャー言ってるので、生きていく上でのときめきは事足りていると思っています。

 

二次元やアイドルの推しはジェットコースターみたいな激しいときめきがあります(ガチ恋勢)。

こんな気持ちを現実でもやってたらわたしはしんどいです( ^ω^ )

二次元やアイドルは萌えたい時に萌えれるのがいいところですね。

 

彼氏や夫なら、『今後どうやって生きて行こう』とか、日々いっしょにいれる味方になってほしいです。

だから話が噛み合って、いっしょにいて苦じゃないっていうのは大事なポイントだとわたしは思いました。

 

彼氏に対してときめきはそんなに求めていなかったのですが、優しくされると「なんていいやつなんだ!」とじ〜んとします。

これはこれでときめきでは!?

ときめきにも色々種類があるんだな〜と思いました。