ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

毒親というほどじゃないんだけど

【毒親というほどじゃないんだけど8】遠くの親戚よりも

あんみつです! このシリーズはこれにて終了です!また補足とか気持ちの変化があったら描くかもしれないけど一応最終回!! けっこうお母さんの嫌なとこばかり書いてしまったのですが、もちろんいいところもたくさんありますよ!知ってるよ! ただずっと不満…

【毒親というほどじゃないんだけど7】家族したかった

泣きながらノートにペンを走らせたら色々思えてきました。 今ならこうしたかったってわかっても、その当時はわからなかったし、後悔はしてないです。ていうかできないです。 西原理恵子の『毎日かあさん』9巻の1ページ。 そうそうそう。言ってほしかったの。…

【毒親というほどじゃないんだけど6】気持ちのすり替え

おはようございます、あんみつです。 心の奥底で実家に住んでた頃のことがくすぶっているので、『お母さんのことを突き詰めて考えよう』というシリーズの続きです。 読んでない方はこちらから読んでくれるとうれしいな。 お母さんに理想のお母さんしてほしか…

【毒親というほどじゃないんだけど5】してたからする、されたからしない

昨日続きです。 ずっと誰かに言ってほしかったことを、自分で自分に言ってみました。 お母さんも高校時代アルバイトしてたようです。学費を自分で払って通っていたそう!えらい!! わたしは学費も払ってもらってたし、お母さんから見たらきっと『苦労してな…

【毒親というほどじゃないんだけど4】いやだったこと

お母さんは苦労してるから助けなきゃと思っていたけど空回ってました。 またお母さんのことを悪く考えるのはよくないとも思っていました。いや反抗とかはしてたんですけど。 でも今振り返るとちゃらんぽらんだったんです、お母さん。マルチ商法で扱ってるよ…

【毒親というほどじゃないんだけど3】助けなきゃという使命感

心の奥底にあるしこり(家族のこと)をほじくりかえしています、あんみつです。 助けなきゃという使命感 母子家庭で、子ども二人養わなきゃいけない母をみて『お母さん大変だな、助けないとな』と強く感じていました。 洗濯はわたしの担当でした。 母は諸事…

【毒親というほどじゃないんだけど2】そうだ!沖縄行こう!

続きます。

【毒親というほどじゃないんだけど1】お父さんとお母さんとわたしの好みの男性像

紙に書きだして心の奥底をほじくりかえしています、あんみつです。 思い出せるお父さんの記憶 お父さんとは小さいころいっしょに住んでいましたが、住んでた記憶はほとんどありません。 パッと思い出せるのはお母さんとお父さんが怒鳴りあいながらダイニング…

お母さんとのことを突き詰めて考えてみることにした

おはようございます。あんみつです。 あんまり昔のこととかよく覚えていなくて「過去は振り返らぬ~~」「過ぎたことはしゃーないし」って考えるタイプなのですが、家族(主に母)のことに関しては心の奥底でくすぶっていました。 悩みがあると本を読んで解…