ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

モチベが上がる!おすすめのダイエットコミックエッセイ~


スポンサーリンク

f:id:an_3_2:20191110021201j:image

 

こんにちは。万年ダイエットダイエット言ってるあんみつです。

「やせたいな~」

とは思っているけど、意志はそんなに強くないほうだと思います。

 

平日は仕事行ってて一日食べるものが結構固定されてきているので、外食しない限り 

大きく増えることはあまりないですが、休日は平日とちがってペースが崩れがちです。

 

特にお家にいるとご飯を食べてお腹空いてなくても、ふとした時に「なんかほしいな~」とむやみに冷蔵庫を開けたり、ネットで見た話題のスイーツをコンビニに買いに行ったりしてしまいがちです。

 

そんな感じで食べ過ぎて、次体重は買った時に後悔するのがお約束なので、なるべくストレスが溜まらないように、無駄に食べてしまうのを回避したいと思っています。

 

そんな時によくやるのが、「ちょっと何か食べたいと思ったら、ダイエットのコミックエッセイを読むこと」です!

 

ダイエットのコミックエッセイを読んで、勘違い空腹を紛らわす 

別にダイエットのコミックエッセイでなくてもいいんですが、忘れがちな初心を思い出すのにぴったりなので、わたしは何度も読んでいます。

 

普通のダイエット本でもいいのですが、やっぱりマンガ形式だと手軽に何度も読めるのがいいですね~

 

なので今回はわたしが何度も何度も繰り返し読んでいる、ダイエットのコミックエッセイを紹介します。

 

スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました

スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

略して『スリ真似』。

有名な本なので知ってる人も多いかもしれません。

 

トイレの便器が自身の重さで割れたことをきっかけに、ダイエットが始まるコミックエッセイです。

作者はそれまでも数々のダイエットを実践していました。

ダイエットをしてる頃は痩せてるけど、やめたらリバウンドを繰り返してます。わ、わかるぅ~~~!!!

 

スリムな人とおデブさんのダイエット日記の内容の違いから、「スリム美人と同じ生活をすれば、自動的にわたしもスリム美人になれるのでは⁉」とスリム美人の生活を観察し、実践していくといった内容です。

この本で作者は95㎏→65㎏と30㎏やせています!すごい!

 

描かれてるおデブさんのあるあるね、

・おいしいモノ=たっぷりこってり

・水分補給はカフェオレかミルクティ

・ごほうび、お祝い=食べ放題 などなど…。

「わかる…!」「あ、これわたしやん…」ってなりました…。

 

無意識にしていた太る習慣に気づき、どうやったらスリム美人の習慣にできるかな?と作者の実体験が丁寧に描かれています。

 

「そんなに食べてないのに太る~」って思ってたけど、ダイエット始めて食べたものを記録したら「めっちゃ食べてるやん!!」って気づくじゃないですか。

やっぱり今の自分を知るのはだいじ!!

目標に向かってこつこつ頑張っている姿はすばらしいです。

 

「これやってみよう!」って取り入れやすいので、いつもやってることに飽きてきたら「次はこれやってみようかな?」と新たに身に着けたい習慣が必ず発見できるので何度も何度も繰り返し読んでいます。

 

 

もっと!スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました

もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

先ほどの本の続編です。

痩せた~!と思っていたけど「ガタイがいいね」「がっちりしている」と言われるとのことで、本当のスリム美人を目指していきます。

 

「ガタイがいい」というところが、そう!まさに!わたし!って感じでした。

スリムに憧れるんや~~~~~~!!

165㎝で65㎏→60㎏を目指している点も、自分と身長体重が先ほどの本よりも近くてより親近感がわきました。

 

あと週末の過ごし方。

食事内容を振り返ると、平日はスリムな生活ができているのに、週末は自分で思っているよりも食べる量が多くなっていた作者。

金曜夜に遅くまで飲み会に参加し、

土曜は昼過ぎに起床。ご飯も近所のラーメン屋さんに行ったり、スイーツも解禁。

夜もそのまま深夜までお酒を飲み、日曜もこれを繰り返す…。

 

平日スリム生活して減った分を、週末で戻している状況でした。

体重が落ちないなあ~と思ったらやっぱり人は食べ過ぎているんだね…。無意識にね…。

 

ずっと続けていくと、途中からダレてどんどんゆるくなっていって結果習慣がどっか行ってしまうことは本当によくあります。

 

わたしの場合、週末は外食しがちだし、家にいたらいたで口さみしさからちょこちょこ間食しちゃったり。

 

ここから作者は休日も朝方生活にし、午前中に家事をして、午後はランチを手作りしたり、趣味の時間に充てていました。

週末に体重が増えちゃうことにわたしも悩んでいたのですごく参考になりました。

 

他にも、ウォーキングの習慣を見つめ直したり、スリム美人のストレス発散方法など、特別目新しいことではないですが、スリム美人の習慣を改めて意識するきっかけになるとてもいい本です。

 

こうして食べれば太らない

わかった!  こうして食べれば太らない (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

この本では「何をどう食べたらどこが太るのか」が詳しく描かれています。

わたしは下半身が太いのですが、

ひざ上・・・チョコ、クッキー、ビール

前もも・・・洋菓子、菓子パン、すき焼き、角煮

ふくらはぎ・・・肉類、調味料、塩分

外もも・・・肉類

めっちゃお肉食べてたわ!!!個人的にはあってるなあと思いました。

 

でもこの本では太らない食べ方も教えてくれるので安心です!

 

それよりも出すことの大切さがしっかり描かれてるとこがすきです。

「太らない方法」と「痩せる方法」はちがうのです。

例えば、「食べない=太らない方法」になりますが、
(基礎代謝で減る分もあると思いますが)

「やせる=出すこと」になります。

 

痩せなくて悩んでる人の多くはおしっこが出なくて、トイレの回数が少ないそうです。

細身の知人は確かによくお手洗いに行ってて「わたし頻尿なんだよね~」と追ってる人が何人かいました。(おそらく人より言ってるから頻尿って言ってるだけで、実際は頻尿ではないと思います)

 

出して痩せそうなのはうんちのイメージが大きかったですが、

うんちは1日でても200gくらいだそうですが、

おしっこは1,5~2L くらいでるそうです。

全然量ちがうやん!!

 

接客業の時はお店が忙しく、お手洗いに行きづらかったのですが、今は余裕で行けて、そのおかげか体が軽くなった気がします。

今もお手洗いあんまり行けなかった次の日は増えてることが多いですし。

余分な水分がカラダに溜まると、それはむくみになってしまうのです…。こわ!!

 

飲むのは温かいストレートティーがいいそうです。

わたしは黒烏龍茶やほうじ茶、白湯を飲んでます。

ミルクやお砂糖が入ってるものはNG。

 

「出せる体」になると、ちょっとくらい食べても大丈夫になれます!!やったあ!

みんなで「出せる体」になろうぜ!!!

 

 10キロやせて永久キープするダイエット

 

10キロやせて永久キープするダイエット

 

こちらは文章の本なんですが、合間合間に二人の女性がダイエットを報告しあいながらダイエットしていくマンガが挟まっていて、その部分をよく読むので入れてみました。

 

この本はぽっちゃりなライターさんが2年かけて10㎏やせて、なおかつキープしていく本です。

 

そう!ダイエットって体重減らして終わり!ってわけじゃないんですよね!

頑張って落としても、また欲望のまま食べてリバウンドってことになったら悲しいですがよくやりがちなんですよね…。

 

なので最初からゆっくり時間をかけて痩せるように、専門家に指導されます。

文章の部分は専門家の先生のお話がたくさん書かれているので、ダイエットするうえでの心の問題について色々教えてくれます。

 

かつ間のマンガがモチベーションアップさせてくれるかわいいマンガなのでおすすめです~!

 

 

f:id:an_3_2:20191110021214j:image

 単純なわたしは、マンガ読んだらめちゃめちゃやる気になった!

単純な性格も悪くないなあ~

 

電子書籍で持っていて、スマホでもタブレットにもインストールしているのでいつでもどこでも読めます。

電車に乗ってるときなども読んでいました~

 

長丁場なダイエット、ところどころモチベアップのものも取り入れながら無理なく続けていきたいですね~!

 

 

www.an32.jp