ずぼらーだからミニマリスト!

ずぼらだから、ずぼらだけど。

家事を簡単にしたら、パートナーを頼れるようになった

f:id:an_3_2:20190206094846j:image

先日こんな記事をアップしました。

 

www.an32.jp

 

(書いたのは結構前で、リライトしたものですが)

 

この記事をあげて思ったのが、

「家事をカンタンにしたら、やって〜って言いやすくなったな〜」でした。

 

わたしは人に「〇〇して」というのが苦手です。

お願いするより、自分でやった方が早いなぁと思ってしまいます。

 

しかし、そうしてると「わたしばっかりやってる…」と不満が溜まります。

わたしも旦那も「食器洗うのめんどい…」「洗濯物干すのめんどい…」とめんどくさがりなので、やらなきゃ…と思ったり、やってよ~とお願いしてもハードルが高く感じます。

後でやろうと思うと、やり忘れたり、「なんでやってくれないんだ!」と感じたり。

 

その後、食洗機・洗濯乾燥機・お掃除ロボを導入したら、ハードルが低くなり、「入れるだけだから~」とお願いしやすくなりました。

やってくれると「この人すぐやってくれて、めっちゃいい人!」って株が上がります。

 

たぶん家事家電入れなかったらもっと険悪になっていただろうなあ…。

家事っていっしょに住んでると分担が難しいです。

このコミックエッセイも参考になりました!

 

自分にあった、やりやすい方法をこれからも模索していきます!